重力といった重さの別の仕方について授業をした

重力などに対して授業しました。天体がその中心に向かって物体を退く能力、天体にて重力のがたいは異なります。100gの物体に働く地球の重力のがたいは約1N(正確には0.98N)だ。重力がはたらいているため、物体の落ちる速さは徐々に少なくなります。次は、質量に関してだ。質量はそのものの音量のことです。企てる店がちがっても変わりません。上記皿てんびんで企てることができます。ロットはg、kgだ。重さが約600Nだとすると、質量は60kgだ。重さが0Nだとすると、質量は60kgだ。無重力状態になります。重さが約100Nだとすると、質量は60kgだ。1Nは、1kgの物体が1秒当たり1m/秒ずつ速さを増す能力のことです。1kgの物体に1Nの力を与え続けると、1秒後には1m/秒となります。100gの物体を落とすと、地球の重力を通じて約1N(正確には0.98N)の能力が掛かり続け、1秒後には約1m/秒(正確には0.98m/秒)となります。とても勉強になりました。全身脱毛値段比較