日本では物珍しいライ麦パンを食べてみたときの陳述

ちょっと立ち寄ったカフェにライ麦パンというちょこっと物珍しいパンが売っていたのでちょい買ってきて食べてみました。

装いは普通の食パンよりもちょっとトーンが灰色という受け取り。
食べると、普通の代物よりもパンが乾燥しておる感じでぱさぱさ判別る肌触りが独自でした。
テーストについてはそのまま食べると、まさに麦って感じのテーストが伝わってきてあま味はそこまで激しいような感じです。
焼いてみると一層乾燥した肌触りがますます楽しめるものであり、乾燥してあるパンがお色恋には一層おすすめです。
こちらはここにジャムを塗って食べましたが、結構口のセンターがの水分がなくなる感じがするものですから、水は強要でした。

邦人にはちょっとなじみが無く、場違い可能性もあるかな?という受け取りもライ麦パンにはありますが、
どうしても食さない物珍しいパンだっただけに、どうにも楽しめました。個人的には美味しかっただ。
幾らか遠くにあるお店舗でしたが、また買いに行こうかなと。ミュゼ 料金